伊予銀行 投打ともに振るわず 秋元監督「工夫していない」

[ 2020年9月27日 05:30 ]

第53回日本女子ソフトボール1部リーグ   伊予銀行1―4豊田自動織機 ( 2020年9月26日    刈谷 )

<伊予銀行・豊田自動織機>自身の投球を反省する、伊予銀行・先発の庄司(日本ソフトボール協会提供)
Photo By 提供写真

 第53回日本女子ソフトボール1部リーグ(日本ソフトボール協会、日本女子ソフトボール機構主催)は26日、愛知・刈谷、京都、埼玉・朝霞の3会場で第7節の6試合を行った。豊田自動織機のダラス・エスコベド投手(28)は伊予銀行を1安打に抑える力投でチームは3勝目を挙げた。今季2部から昇格した日本精工がデンソーを下し、2勝2敗のタイとした。

 伊予銀行は投打ともに振るわず連敗。試合後のベンチでは、秋元理紗監督の青空ミーティングが20分続いた。「それぞれの打者が打席で工夫していない。そのあたりを指摘しました」。エスコベドの前に6回までノーヒット。先発の庄司は2回、下位打線に2死球を出してピンチを広げ、1番・江口に2点適時打、2番・竹中に左犠飛を浴びる散々な内容だった。「お粗末な投球。一人一人がしっかり役割を果たせないと、とても勝てない」と嘆き節は続いた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月27日のニュース