朝乃山 逆転V消滅 大関昇進後、2場所連続で優勝戦線から脱落「メンタルでも負けたかも」

[ 2020年9月27日 05:30 ]

大相撲秋場所14日目 ( 2020年9月26日    両国国技館 )

正代に敗れた朝乃山(撮影・郡司 修)                                       
Photo By スポニチ

 1差で追った朝乃山は正代に押し倒され、逆転優勝の可能性が消滅した。

 立ち合いで押し込めないどころか横向きにされ「(正代は)自信もあるんじゃないですかね。メンタルでも負けたかもしれないです」とショックは隠せない。4日目からの連勝は10でストップ。「余計なことは考えず、一日一番取ったつもり」。大関昇進後、2場所連続で終盤戦で優勝戦線から脱落しさすがに言葉に力はなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月27日のニュース