土俵際でバタリ 阿武咲 痛恨の4敗目 優勝争いから脱落

[ 2020年9月27日 05:30 ]

大相撲秋場所14日目 ( 2020年9月26日    両国国技館 )

隆の勝(手前)にはたき込みで敗れる阿武咲(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 阿武咲は隆の勝に敗れて優勝争いから脱落した。立ち合いで左からおっつけて右差しを封じ、右喉輪で攻め込んだ。相手が引いて一気に攻め込んだが、足が運べず土俵際でバタリと倒れ込んだ。

 痛恨の4敗目に「足が(あと)一歩でした。(最後に)出なかったです」と唇をかんだ。それでも、優勝争いを意識せず無欲で進撃し、18年九州場所以来となる2桁勝利。千秋楽へ「残り一番、自分の相撲に集中したい」と切り替えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月27日のニュース