サモア、日本の戦いぶりを称賛「15人以上と戦っているようだった」

[ 2019年10月7日 05:30 ]

ラグビーW杯2019 5日サモア戦回顧

試合後、健闘をたたえ合う日本代表とサモア代表(AP)
Photo By AP

 日本戦で敗れて1次リーグ敗退が決まったサモアのロジャーズ・アシスタントコーチが一夜明けて名古屋市内で記者会見し「両チーム全力を尽くした。日本は試合終了まで一つになりプレーしていた。15人以上と戦っているようだった」と、日本の奮闘を称えた。12日のアイルランド戦はA組の決勝トーナメント進出に関わり、日本にとっても結果が気になる一戦となる。同コーチは「勝つために最善の努力をする。誇らしい姿を見せたい」と語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月7日のニュース