千賀ノ浦親方 音信不通の貴ノ富士と「顔見て話をしたい」、マンション訪れるも応答なし

[ 2019年10月7日 11:03 ]

千賀ノ浦親方
Photo By 共同

 大相撲の千賀ノ浦親方(元小結・隆三杉)が7日、東京都台東区での稽古後に取材に応じ、日本相撲協会から自主引退を促されている十両・貴ノ富士(22)について、「顔見て話をしたい。何度かマンションに行っているが全く応答がない(住んでいるのは)1人じゃないみたいですよ」と音信不通状態の弟子の状況を説明した。

 貴ノ富士は現在、謹慎中ながら千賀ノ浦部屋におらず都内のマンションで生活を送っているという。「知っている人から場所を教えてもらった」という親方は何度かマンションを訪れたものの返事がなかったようだ。「まだ私の弟子ですから、いろいろと心配ですよ。親心としては(解雇ではなく自ら引退して)退職金をもらった方がいい。経歴に傷が付く?そういうのもありますから。(暴力を)2回やっちゃ駄目なんですよ」と自ら身を引くべきとの考えを示した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月7日のニュース