多田 1走起用が的中「僕がキーマンだと言い聞かせていた」

[ 2019年10月7日 05:30 ]

陸上 世界選手権第9日   男子400㍍リレー 2大会連続銅 ( 2019年10月5日    ドーハ・ハリファ国際競技場 )

男子400メートルリレー決勝でスタートを切る第1走者の多田修平(右)
Photo By スポニチ

 多田の1走起用が的中した。男子100メートル金メダルのコールマン(米国)ら9秒台ランナーの中でも遜色ない走りで2走にリレー。「力むことなく自分の走りができたのはよかった」と胸を張った。小池の調子が上がっていないとコーチ陣が判断し、当日午後2時のミーティングで変更を伝えた。多田は「僕がキーマンだと言い聞かせていた。良いスタートを切って流れをつくる。その役目は果たせたかな」と笑顔を見せた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月7日のニュース