ウィザーズ八村 「納得」のキャンプ打ち上げ 7日にニックスとオープン戦初戦

[ 2019年10月7日 05:30 ]

キャンプで調整するウィザーズの八村塁(右)
Photo By 共同

 米プロバスケットボールNBAのウィザーズは5日、本拠地ワシントンの練習施設で5日間のキャンプを打ち上げた。ドラフト1巡目新人の八村塁は「いいキャンプが送れたと思う。攻撃では速攻に絡むところを見せられた」と納得の表情を浮かべた。

 5対5の試合形式の練習では、積極的にリバウンドを取り、ミドルシュートを決めた。ブルックス監督は「彼は本当に真面目に練習に取り組む。ミドルシュートについても、いいものを持っている」と評価した。7日(日本時間8日)には本拠地で、ニックスとのオープン戦初戦を迎える。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月7日のニュース