新体操団体メンバー選び本格化 トライアウトに杉本早裕吏ら現代表も参加

[ 2019年10月7日 05:30 ]

 新体操団体の日本代表「フェアリージャパン」のメンバー候補を選ぶトライアウトが6日、都内で行われ、世界選手権の団体総合で銀メダルを獲得した杉本早裕吏(23=トヨタ自動車)ら現代表も参加した。20年東京五輪の中核をなすメンバーが候補生と並んで汗を流す意味について、山崎浩子強化本部長(59)は「本当に五輪までやる覚悟があるか確かめるため」と説明。11月には東京五輪用の新プログラムづくりに着手し、夢舞台での表彰台へ準備を進める。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月7日のニュース