フランス、トンガに薄氷の勝利 死の組突破に「凄くうれしい」

[ 2019年10月7日 05:30 ]

ラグビーW杯2019   フランス23-21トンガ ( 2019年10月6日    えがおS )

死の組を突破したフランス代表(AP)
Photo By AP

 3連勝でベスト8進出を決めた。前半3分にPGで先制すると、31分には相手の隙を突く素早いリスタートからWTBラカが自ら蹴ったボールをトライ。後半は守備のミスが目立ち2点差まで迫られたが、逃げ切った。No・8のアルドリットは「(フランス国内ではベスト8に)進まないだろうと言われていたので、凄くうれしいことだ」と喜んだ。

 《トンガ、猛反撃及ばず》 11年に19―14で勝った再現まであと一歩だった。7―17の後半に猛反撃した。同6分にCTBヒンガノがトライすると、同じ38分には左へのキックパスをFLカペリがキャッチし、2点差まで接近。会場は大声援に包まれた。ケフ監督は「勝てそうなところまでいったのは、選手を誇りに思っている」とねぎらっていた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月7日のニュース