スコットランド、日本戦見据え主力温存…控え主体でロシア戦へ 前戦から先発14人入れ替え

[ 2019年10月7日 17:37 ]

会見するスコットランドのタウンゼンド監督(撮影・中出健太郎)
Photo By スポニチ

 ラグビーのスコットランド代表は7日、浜松市内で会見を開き、W杯1次リーグ第3戦のロシア戦(9日、エコパ)の登録メンバー23人を発表した。8強入りを懸けた直接対決と予想される日本との1次リーグ最終戦が4日後の13日(日産ス)にあるため、主力を多く休ませる控え主体のメンバー。前戦のサモア戦(9月30日)からは14人も先発を入れ替えた。

 ロシア戦の先発15人のうち、現時点で日本戦も先発すると予想されるのはNo・8ウィルソン、CTBテーラー、WTBシーモアぐらい。リザーブにはフッカーのマキナリー主将やプロップのネル、ロックのギルクリストらが名を連ねているが、SHレイドローとSOラッセルのHB団、FBホッグらはベンチ外となった。

 スコットランドは初戦でアイルランドに3―27と完敗。サモアにはボーナスポイント(BP)付きで34―0と快勝し、1勝1敗の勝ち点5でA組3位につける。ロシア戦でもBPを獲得して勝ち、最後の日本戦に決勝トーナメント進出をかけたいところだが、ロシアに引き分け以下の時点で日本の勝ち点14を上回れなくなり、日本の8強入りが決まる。

 メンバーは以下のとおり。

 1 ゴードン・リード
 2 ジョージ・ターナー
 3 ザンダー・フェーガーソン
 4 スコット・カミングズ
 5 ベン・トゥーリス
 6 ジョン・バークレー(ゲーム主将)
 7 フレーザー・ブラウン
 8 ライアン・ウィルソン
 9 ジョージ・ホーン
 10 アダム・ヘースティングズ
 11 ダーシー・グレアム
 12 ピート・ホーン
 13 ダンカン・テーラー
 14 トミー・シーモア
 15 ブレア・キングホーン
 <リザーブ>
 16 スチュアート・マキナリー
 17 サイモン・バーガン
 18 ウィレム・ネル
 19 グラント・ギルクリスト
 20 マグナス・ブラッドベリー
 21 ジェーミー・リッチー
 22 ヘンリー・ピルゴス
 23 クリス・ハリス

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月7日のニュース