“天敵”スコットランド戦へ 田中「ノーペナルティー」目指す

[ 2019年10月7日 05:30 ]

ラグビーW杯2019 13日スコットランド戦

会見で笑顔を見せる日本代表・田中(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 日本代表は6日、東京都内に戻ってサモア戦の一夜明け会見に臨み、1次リーグA組最終のスコットランド戦(13日、日産ス)に向け、SH田中史朗(34=キヤノン)が規律の重要性を説いた。4年前の前回大会で唯一敗れた相手は、世界でも屈指の試合巧者。自陣でのペナルティーからショットで加点された過去の敗戦の教訓を生かし、リベンジとともにA組1位で史上初の8強入りを目指す。 

 激戦が行われた愛知県豊田市の宿舎ホテルから名古屋駅、そして東京駅。行く先々、さらにその道中で、温かな声援や拍手を送られ、東京都内の宿舎ホテル入り後も、田中は笑顔だった。「うれしいですし、今日もたくさんの方に応援を頂いたので、ありがたいです」。会見の第一声でまずは謝辞。だがもちろん、気持ちは次の戦いへと向いている。

 スコットランドとは13年以降で4度対戦した。「15、11、15、17」は犯したペナルティーの数、そして「2、4、4、7」は許したペナルティーゴール(PG)の数だ。ペナルティーは日本、PGはスコットランドが上回っており、4戦計17本許したPGのうち、14本を相手の正SHグレイグ・レイドローに決められたという事実がある。

 13年11月と15年W杯で9番同士で直接対決している田中も、決戦に向けて「レイドロー選手は凄くいいキッカーなので、ペナルティーを取られると3点を失い、そこから相手にいいリズムを渡してしまう」と警戒を強めた。実際、17本中12本は前半に集中。序盤は3点を積み重ね、セーフティーリードを取った後半に畳み掛ける――。試合巧者の相手ペースにはまらないためにも、「練習から“ノーオフサイド”とか“ノーペナルティー”を口に出してやっていけば減ると思う。ペナルティーをなくすことで、勝率が上がると思う」と規律が勝敗の鍵を握ると強調した。

 4年前は世紀の番狂わせとなった南アフリカ戦勝利から中3日でW杯初戦のスコットランドと対戦し、ボーナスポイントを挙げられずに大敗した。今度は相手が9日のロシア戦から中3日で迎えるリベンジマッチに、日本中が沸き立つことは必至。だが当の田中は「前回大会のことは意識していない。そこを意識すると、個人の感情が入る。何も変えずに、チームとして準備する」とさらり。そうしたメンタルも、前回大会から4年間の、日本代表の成長の足跡だ。

 スコットランドには89年に唯一勝利し、伝説の大金星として語り継がれている。あれから30年。日本ラグビーの、まさに命運を懸けた戦いに、ONE TEAMで挑む。


 ▽89年のスコットランド戦勝利 宿沢広朗監督就任初戦だった日本は、5月28日に秩父宮ラグビー場に迎えて対戦。前半はWTB吉田のパントキックからのトライなどで20―6とリード。後半は一時20―18まで追い上げられたが、FB山本、WTBノフォムリのトライを加えて反撃を振り切り、28―24で勝利した。日本がラグビー発祥のホームユニオンから勝利を挙げるのは通算28戦目で初の出来事だったが、スコットランド側は主力が参加していなかったことを理由にテストマッチ認定をしなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月7日のニュース