ソフト上野 五輪マウンドに苦戦4失点「2、3回あたりから疲労感が…」チームはサヨナラ勝ち

[ 2019年10月7日 05:30 ]

日本女子ソフトボールリーグ   ビックカメラ高崎5―4トヨタ自動車 ( 2019年10月6日 )

<ビックカメラ高崎・トヨタ自動車>7回4失点の上野
Photo By スポニチ

 富山・黒部、栃木・宇都宮、福島市の3会場で6試合を行った。富山大会では、太陽誘電と日立が勝利。ビックカメラ高崎が4敗を守り単独首位に立ち、5敗で3チームが追う。7敗目を喫したトヨタ自動車は10年続く決勝トーナメント進出が苦しくなった。

 ビックカメラ高崎はエース上野が、東京五輪のソフトボール競技の会場となる福島県営あづま球場で行われたトヨタ自動車戦で先発。7回を投げ、2ランを含む4安打を浴びて4失点と不本意な内容に終わった。内藤のサヨナラ適時打で勝ち投手にはなったが、上野は「海外のグラウンドに似てる。日本らしくない硬さがあって、2、3回あたりから疲労感があった。37歳の体には少しキツい」と硬いマウンドへの対応を課題に挙げた。

 五輪本番に向けては「ラグビーのようなチームワークには心動かされる。ラグビーに負けないように頑張ろうと思った」とラグビー日本代表の快進撃に刺激を受けていた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年10月7日のニュース