2走・白石 直線の強さ発揮「チームの一員になれた」

[ 2019年10月7日 05:30 ]

陸上 世界選手権第9日   男子400㍍リレー 2大会連続銅 ( 2019年10月5日    ドーハ・ハリファ国際競技場 )

第1走者の多田(右から3人目)から第2走者の白石(同4人目)へリレー
Photo By 共同

 “新参者”の白石が大舞台で存在感を発揮した。直線に強いことを買われて今年7月のダイヤモンドリーグ(DL)ロンドン大会で侍デビュー。いきなりの大舞台で気後れする部分もあったが、土江コーチの「(出身の)大東大のリレーだと思って良いよ」という一言に救われたという。

 「本当に気が楽になった。DLを走ったことで、チームの一員になれたのかなと思います」と自信を深めて世界選手権に臨んだ。メダリストにはなったが「短距離は激戦区。2走を守れるようにしたいですね」と気を引き締めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月7日のニュース