奈紗5位浮上 6バーディー、ボギーなしに「気持ちいい」

[ 2019年8月26日 05:30 ]

米女子ゴルフツアー CP女子オープン第3日 ( 2019年8月25日    カナダ マグナGC=6709ヤード、パー72 )

第3ラウンド、18番でティーショットを放つ畑岡奈紗
Photo By 共同

 畑岡奈紗(20=森ビル)は6バーディー、ボギーなしの66で回って通算12アンダー、204で首位と6打差の5位に浮上した。横峯さくら(33=エプソン)は通算8アンダーで22位、上原彩子(35=モスバーガー)は同2アンダーの55位。通算18アンダーでニコルブロク・ラーセン(26=デンマーク)と高真栄(24=韓国)が首位に並んだ。

 11位で出た畑岡は前、後半で3つずつバーディーを奪って5位に浮上した。パー3の13番で第1打をグリーン手前から転がしカップまで2メートルにつけるなど危なげない内容に「上位と差があるのでボギーは打てないな、という気持ちでプレーした。ボギーがないのは気持ちいい」と相好を崩した。首位を6打差で追う最終日へ「ラインに乗っているのに入らないのは悔しい。そういうところをなくしていきたい」と語った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月26日のニュース