高藤 世界柔道初のメダルなしも不敵「金以外意味ない」

[ 2019年8月26日 05:30 ]

柔道世界選手権第1日 ( 2019年8月25日    東京・日本武道館 )

<世界柔道選手権>勝利目前で逆転負けの高藤(奥)は永山を称える(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 男子60キロ級の高藤は出場5度目で初めてメダルを逃した。

 4回戦では相手の頭が鼻を強打する不運。「たぶん(骨が)折れている」。ルトフィラエフとの準々決勝は指導2を受け、さらに内股を食らって3連覇の夢はついえた。3位決定戦では終了間際に一瞬の隙を突かれて永山に抑え込まれ「最後は気を抜いてしまった。金メダル以外は意味がない」と強がった。「負けて終わったが、永山が金メダルを獲れなくてよかった」と不敵な笑みを浮かべた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月26日のニュース