錦織、全米OP初戦へバブリンカと最終調整

[ 2019年8月26日 16:09 ]

初戦に向け練習する錦織圭(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 テニスの四大大会、全米オープンは26日にニューヨークで開幕する。昨季4強で第7シードの錦織圭(29=日清食品)は日本時間27日午前0時に、予選を勝ち上がった世界ランク205位のマルコ・トルンヘリティ(アルゼンチン)との初戦に臨む。

 開幕前日の25日はグランドスラム3勝のスタン・バブリンカ(スイス)と実戦形式の練習など、約1時間の調整で汗を流した。前哨戦は2週続けて初戦敗退しており、23日の会見でも「リズムを取り戻すために1、2回戦の試合内容が大事になってくる」と語っていたように、序盤の戦い方が鍵になりそうだ。

 前週のマスターズ大会で8強入りした世界ランク59位の西岡良仁(23=ミキハウス)、女子シングルスで同108位の土居美咲(28=同)も日本時間27日に初戦を迎える。本大会はWOWOWで放送。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月26日のニュース