奥原 2年ぶり女王奪還ならず涙、天敵プサルラに完敗

[ 2019年8月26日 05:30 ]

バドミントン 世界選手権最終日 ( 2019年8月25日    スイス・バーゼル )

世界バドミントン女子シングルス決勝 プサルラ(上)に敗れ、うつむく奥原
Photo By 共同

 女子シングルス決勝で、世界ランク4位の奥原は2年ぶりの女王返り咲きはならなかった。同5位のプサルラにストレートで圧倒された。長身から鋭いスマッシュを打ち込まれ、奥原が得意とするラリー戦でも主導権を握られた。奥原は「結果も内容も情けない。もっといい試合を見せたかった」と泣きながら完敗を認めた。今年1月にプロ転向して以降、初のタイトル獲得はならず。

 プサルラはリオ五輪準決勝で敗れた天敵。17年世界選手権決勝では110分の死闘の末に撃破したが、再び課題を持ち帰ることになった。「どうしようとしても1つも2つも上手だった」。東京五輪まであと1年。この大敗をモチベーションに変える。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月26日のニュース