男子オムニアムで橋本優勝、男子ケイリンは新田制す

[ 2019年8月26日 05:30 ]

自転車 ジャパン・トラック・カップ最終日 ( 2019年8月25日    静岡県伊豆市・JKA250 )

自転車ジャパン・カップ男子オムニアムで優勝した橋本のエリミネーションレース(左)
Photo By 共同

 4種目で争う男子オムニアムで世界選手権7位の橋本英也(ナショナルチーム)は優勝した。男子ケイリンは新田祐大(Dream Seeker)が制し、脇本雄太(日本競輪選手会)は2位。女子ケイリンは太田りゆ(ブリヂストン)が5位で、小林優香(Dream Seeker)は進路妨害で降格となり6位。女子マディソンで梶原悠未と古山稀絵(ともにナショナルチーム)のペアは2位だった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月26日のニュース