残り1秒の逆転劇!永山 抑え込み一本で高藤下し銅確保

[ 2019年8月26日 05:30 ]

柔道世界選手権第1日 ( 2019年8月25日    東京・日本武道館 )

<世界柔道選手権>男子60キロ級3位決定戦の日本人対決は永山(上)が終了直前に隅返で高藤を投げ、そのまま縦四方固めで抑え込んで逆転の一本勝ち(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 男子60キロ級の永山が残り1秒の逆転劇で表彰台を確保した。

 延長にもつれた準決勝は優勝したチフビミアニ(ジョージア)の返し技に屈し、「気持ちが切り替えられてなかった」3位決定戦でも残り30秒を切って高藤に技ありを許す展開。それでも「気合で無理やり持っていった」という帯取り返しで技ありを奪い返すと、そのまま抑え込んだ。自身3度目の世界選手権でも優勝できず、複雑な表情を浮かべながらも、「直接対決は何が何でも勝たないといけないと頑張った。一回りも二回りも強くなって来年に臨みたい」と決意を口にした。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月26日のニュース