“美しすぎる柔道家”ビロディド連覇!渡名喜を返り討ち

[ 2019年8月26日 05:30 ]

柔道世界選手権第1日 ( 2019年8月25日    東京・日本武道館 )

<世界柔道選手権>銀メダルの渡名喜(左)と金メダルのビロディド(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 女子48キロ級決勝、モデルもこなす1メートル72の“美しすぎる柔道家”ビロディドが冷や汗ものの逃げ切りで渡名喜を返り討ち。17歳345日で史上最年少優勝を飾った昨年に続き2連覇を果たした。

 決勝は自ら「アナコンダと言われることがある」長い脚を生かした払い腰で技ありを奪いながら、終盤は指導2で反則負けのピンチ。「いつもより強いプレッシャーを感じていたけど、昨年と同じ結果で自信になった」と笑顔を振りまいた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月26日のニュース