コース内落雷でサスペンデッドも…松山66で9差6位浮上

[ 2019年8月26日 05:30 ]

米男子ゴルフツアー ツアー選手権第3日 ( 2019年8月24日    米ジョージア州 イーストレークGC=7346ヤード、パー70 )

第3ラウンド、13ホールを終えてスコアを二つ伸ばし、通算4アンダーで暫定12位の松山英樹
Photo By 共同

 第3ラウンドが行われ、雷雲接近のために中断中、コース内に落雷し、そのままサスペンデッドとなった。主催者によると、観客6人が負傷した。松山英樹(27=LEXUS)は13ホールを終えて2バーディー、ボギーなしと伸ばし通算4アンダーだった。

 25日には第3ラウンド残りが行われ、14番からプレーした松山は66と伸ばして通算6アンダーで6位となった。首位とは9打差。ブルックス・ケプカ(米国)が通算15アンダーで首位に立った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月26日のニュース