羽生結弦 世界選手権に向け気合「胸を張って100%と言える状態」

[ 2019年3月19日 12:20 ]

<世界フィギュア公式練習>笑顔で練習する羽生結弦(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケート世界選手権(20日開幕、さいたまスーパーアリーナ)の公式練習が19日に行われ、男子で五輪連覇の羽生結弦(ANA)が午前11時から本番会場で汗を流した。

 昨年11月17日、GPシリーズ・ロシア杯フリー当日の公式練習で右足首を痛め、フリーは何とか滑りきって優勝したものの、GPファイナルと全日本選手権を欠場。試合会場で滑走するのは122日ぶりとなった。

 公式練習後に会見に臨んだ羽生は、「練習の過程でいろいろな方にサポートしていただいたので、感謝をしながら滑りたい。胸を張って100%と言える状態。今の世界選手権に向けての状態では100%だと思う。練習も含めた上で、全ての自分に勝ちきれるような演技をすることが目標」と気合を入れた。

 女子SPは20日、男子SPは21日、女子フリーは22日、男子フリーは23日に行われる。

続きを表示

この記事のフォト

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月19日のニュース