松山 追い上げ8位、パット好感触 メジャー見据え「チャンスある」

[ 2019年3月19日 05:30 ]

米男子ゴルフツアー プレーヤーズ選手権最終日 ( 2019年3月17日    フロリダ州TPCソーグラス=7189ヤード、パー72 )

プレーヤーズ選手権最終ラウンド、通算12アンダーで8位の松山
Photo By 共同

 22位から出た松山英樹(27=LEXUS)は1イーグル、4バーディー、1ボギーの67と伸ばし通算12アンダー、276で8位に入った。今季3度目のトップ10入り。2位から出たロリー・マキロイ(29=英国)が70で回り、通算16アンダーで逆転。約1年ぶりのツアー通算15勝目を手にした。

 カットライン上の67位で予選を通過。そこから決勝の2日間で、8位まで順位を上げた。それでも、松山の見据える先はもっと上。「15アンダーくらいいけば、簡単なコンディションじゃないので(優勝の)チャンスがあるかなと思った。そこまではいけなかったので残念」。優勝のマキロイと4打差の通算12アンダーで終えて、冷静に振り返った。

 優勝争いをできる、確かな手応えを感じた。今季1ラウンド平均パット数29・42はツアー154位だが、この日はパット数を25に抑えた。「短いパットを外していないのがスコアに直結した」。7番で6メートルを沈めてバーディーを奪うと、16番パー5では5Iで2オンして2メートルを決めてイーグル。試行錯誤を続けてきたグリーン上で、好感触を得た。

 今後は27日開幕のデル・マッチプレーを経て、メジャー初戦のマスターズ(4月11日開幕)に臨む。「好調の波が来れば(優勝の)チャンスはある。しっかり調整したい」。見据えるは、もちろん優勝だ。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月19日のニュース