五輪女王・ザギトワが公式練習で調整、入念にジャンプ確認

[ 2019年3月19日 10:14 ]

<世界フィギュア公式練習>SPの曲をかけて滑るザギトワ(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケート世界選手権(20日開幕、さいたまスーパーアリーナ)の公式練習が19日に行われ、18年平昌五輪女子金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)が午前にサブリンクで調整した。

 ショートプログラム(SP)の「オペラ座の怪人」を流しての滑走では冒頭の3回転ルッツで転倒。演技終盤にフリップ―ループの連続3回転を決めた。18日の練習で披露したルッツからループを4度つなげる5連続3回転はアタックせず。プログラム内で跳ぶジャンプを入念に確認した。

 女子SPは20日、男子SPは21日、女子フリーは22日、男子フリーは23日に行われる。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月19日のニュース