碧山 1敗キープ、勢よく見て肩透かし「落ち着いて取れている」

[ 2019年3月19日 05:30 ]

大相撲春場所9日目   〇碧山―勢● ( 2019年3月18日    エディオンアリーナ大阪 )

 平幕・碧山が1敗を守り、首位・白鵬を追走している。勢をよく見て肩透かし。押し切れなくとも「落ち着いて取れている。体が勝手に反応した」と、納得した。

 熱くなって体に力が入り過ぎるクセを自認し、今場所は土俵下で「稽古場と同じ相撲を取る」と自分に言い聞かせている。9日目の勝ち越しは17年名古屋場所以来の3度目で、自己最速タイ。上位戦が当面ないだけに、不気味な存在だ。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月19日のニュース