白鵬ただ一人10連勝、逸ノ城、碧山が1敗で追う

[ 2019年3月19日 17:50 ]

大相撲春場所10日目 ( 2019年3月19日    エディオンアリーナ大阪 )

<春場所10日目>鶴竜(手前)を引き落としで破り、勝ち越しを決めた貴景勝  (撮影・成瀬 徹)     
Photo By スポニチ

 大相撲春場所10日目は19日、大阪・エディオンアリーナ大阪で行われ、白鵬は先場所、初めて負けた玉鷲を突き落としで下し10連勝。無敗街道を突き進んでいる。11日目は貴景勝と対戦。鶴竜は大関獲りを狙う貴景勝に引き落としで敗れた。貴景勝は初めて鶴竜に勝利した。

 今場所初めての大関同士の戦いとなった豪栄道VS栃ノ心戦は豪栄道が上手ひねりで栃ノ心を下し2敗キープ。栃ノ心は4敗目。高安は好調の逸ノ城に突き落としで敗れ2敗に後退。逸ノ城は1敗キープ。11日目は同じ1敗同士の碧山と対戦する。

 また、琴奨菊が阿武咲を寄り切りで破り2場所ぶりの勝ち越しを決めた。新入幕の小兵・照強が輝に押し出しで敗れ負け越しが決まった。

白鵬がただ一人初日から無敗10連勝、碧山、逸ノ城が1敗で追う状況だ。

続きを表示

この記事のフォト

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月19日のニュース