東十両筆頭・志摩ノ海 8連勝で勝ち越し、来場所の新入幕濃厚

[ 2019年3月19日 05:30 ]

大相撲春場所9日目   〇志摩ノ海―豊山● ( 2019年3月18日    エディオンアリーナ大阪 )

豊山(右)を押し出しで破った志摩ノ海(撮影・亀井 直樹) 
Photo By スポニチ

 東十両筆頭の志摩ノ海が8連勝で勝ち越し。来場所の新入幕を濃厚にした。

 平幕・豊山の激しい突っ張りにひるまず、喉輪にも後退しなかった。終始前に出る相撲に「足も出ている」と自画自賛した。この日は、敗れた初日以来となる中入り後の取組。初めての懸賞も獲得した。受け取るときには「あ、これか。テレビで見ていたやつだ」と所作も無難にこなし、うれしそうだった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年3月19日のニュース