奈紗、今季初戦16位 ノーボギーでベスト67に笑顔

[ 2019年1月22日 05:30 ]

米女子ゴルフツアー ダイヤモンドリゾーツ・チャンピオンズ最終日 ( 2019年1月20日    フロリダ州フォーシーズンズ・クラブ=6645ヤード、パー71 )

最終ラウンド、通算1アンダーで16位の畑岡奈紗
Photo By 共同

 24位から出た畑岡奈紗(20=森ビル)はボギーなしの4バーディー、67で回り、通算1アンダーの16位で今季の初戦を終えた。70で回ったチ・ウンヒ(32=韓国)が通算14アンダー、270で通算5勝目。李ミリム(28=韓国)が2打差の2位に入った。出場選手は過去2シーズンの優勝者だけで、26人で争われた。

 畑岡が最終日に昨季2勝の実力を示した。強風に悩まされ、スコアを崩す選手もいた中で、この日ベストの67をマーク。「ノーボギーだったのが、凄くうれしかった。やっと自分らしいラウンドができた」と笑顔を取り戻した。

 序盤の10、13番のパー5は追い風を生かしてバーディー。後半の4番では残り11ヤードのチップショットを沈めて4つ目のバーディーを奪った。新しいキャディーのグレグ・ジョンストンさんとの息もまずまず。メジャー7勝を挙げたジュリ・インクスター(米国)とコンビを組んだ実績を持ち、畑岡は「ベテランで心強い。マネジメントも自分に合っている」と初戦で意気投合した様子だ。

 13日に茨城県で成人式に出席。ぎりぎりの渡米となり、第3日までは精彩を欠いたが「しっかり終わることができたのは自信になる」。次戦のホンダLPGA(2月21日開幕、タイ)に向けて手応えが残った。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年1月22日のニュース