セバストワ、大坂の粘りに脱帽「彼女はよく動けていた」

[ 2019年1月22日 05:30 ]

テニス 全豪オープン第8日 ( 2019年1月21日    オーストラリア・メルボルンパーク )

ボールを追うセバストワ(AP)
Photo By AP

 セバストワは大坂の粘りに屈した。最終セットで2―3からの第6ゲームをブレークした直後のサービスゲームで30―0としたが、4連続でポイントを奪われ「いい流れだったところで取り切れなかったのが痛かった」と悔やんだ。

 昨季は2戦2勝と相性が良かったが、今季は前哨戦のブリスベン国際に続いての逆転負け。武器のスライスショットなどを駆使して対抗したが「いろいろなショットでかき回したけど、彼女はよく動けていた」と力なく言った。

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年1月22日のニュース