小池都知事 五輪での伝統文化PRへ相撲協会に協力要請

[ 2019年1月22日 05:30 ]

大相撲初場所9日目 ( 2019年1月21日    両国国技館 )

八角理事長(右)と面会した東京都の小池百合子知事
Photo By 共同

 東京都の小池百合子都知事が20年東京五輪開催に合わせ、大相撲など日本の伝統文化を海外にPRするため、日本相撲協会を訪れ八角理事長(元横綱・北勝海)に協力要請を行った。

 小池都知事は両国国技館が五輪のボクシング会場になっていることから「ご協力いただき誠にありがとうございます」と感謝。来年は近隣の江戸東京博物館で相撲にちなんだ錦絵の展覧会なども開く。八角理事長は「相撲協会としても大変ありがたいお話です」と全面的に協力する考えを示した。今後は相撲協会が保管している錦絵や化粧まわしなども貸し出す予定。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年1月22日のニュース