玉鷲 3大関撃破「落ち着いていこうと」、V圏踏ん張る

[ 2019年1月22日 05:30 ]

大相撲初場所9日目   ○玉鷲―高安● ( 2019年1月21日    両国国技館 )

玉鷲(右)に押し倒しで敗れた高安(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 1年ぶりに関脇に返り咲いた玉鷲が3大関を倒した。「張りが来ると思っていた。その前に当たってやろうと思った」。先に踏み込んで高安の右の張り手をかわすと、力強い攻めで相手の上体を起こし、押し倒した。

 「熱くなりすぎても駄目。落ち着いていこうと思った」と冷静な分析が勝利につながった。2敗をキープして優勝争いに踏みとどまっているが「自分の相撲で精いっぱい」と周囲は気にせず集中している。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年1月22日のニュース