ロシア女子フィギュア13歳、インスタ投稿「正しいドーピング必要」

[ 2019年1月22日 05:30 ]

 フィギュアスケート女子で13歳のジュニア選手、アナスタシア・シャボトワ(ロシア)が21日、自身の「インスタグラム」で「正しいドーピングが必要だ」と語った。この仰天発言が波紋を呼び、ロシア反ドーピング機関(RUSADA)はフィギュアスケート選手へのドーピング検査強化の意向を示した。

 シャボトワはファンからの「安定的に演技するにはどうしたらよいか」との質問に「多くの薬物を服用すること。それが全て」と発言。ザギトワら有力選手を多数輩出しているモスクワ市内のスポーツクラブでも薬物を服用されているのかとの質問にも「もちろん飲んでいる」と語ったが、根拠は不明。ロシア・フィギュアスケート連盟のアレクサンドル・ゴルシコフ会長は「ばかげた発言だ」などと述べるにとどめた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年1月22日のニュース