カレノブスタ、痛恨の逆転負けに怒りと恨み…「悲しい」

[ 2019年1月22日 05:30 ]

テニス 全豪オープン第8日 ( 2019年1月21日    オーストラリア・メルボルンパーク )

怒り狂ってラケットを投げつけるカレノブスタ(AP)
Photo By AP

 カレノブスタにとっては後味の悪い敗戦となった。第1、第2セットを連取し、初の8強入りに迫りながら、錦織に痛恨の逆転負け。「5時間も戦ったが、コートを去ることになってとても悲しい」と失意に暮れた。

 最終セットのタイブレークでの判定に納得がいかず、試合後は主審との握手を拒否。コートを去る際にはバッグを地面に投げつけて怒りを爆発させ、記者会見でも「判定は誤りだ」と恨み節を口にした。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年1月22日のニュース