羽生 平昌五輪以来89日ぶりジャンプ!アイスショーで3回転半跳ぶ

[ 2018年5月25日 21:23 ]

<ファンタジーオンアイス2018>フィナーレでファンにあいさつをする羽生結弦(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 平昌五輪のフィギュアスケート男子で66年ぶりの五輪2連覇を達成した羽生結弦(23=ANA)が25日、千葉市でアイスショー「ファンタジー・オン・アイス」に出演した。

 オープニングでは2月25日の平昌五輪のエキシビション以来89日ぶりのジャンプとなるトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に成功。大トリでは白い翼をイメージした衣装を身につけて登場し、人気デュオ「Chemistry(ケミストリー)」の生歌「Wings of Words」を舞い、トリプルアクセルと3回転トーループを跳んだ。

 右足首を痛めて、3月の世界選手権(ミラノ)を欠場した羽生は4月のアイスショーではジャンプを回避していた。

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年5月25日のニュース