錦織はナダルと別ブロックに 初戦は世界304位ジャンビエと初対決

[ 2018年5月25日 09:50 ]

錦織圭(AP)
Photo By AP

 テニスの4大大会、全仏オープン(27日開幕、パリ)のシングルスの組み合わせが24日に決まり、男子で第19シードに入った世界ランキング21位の錦織圭(28=日清食品)は、1回戦で主催者推薦で出場する世界304位のマキシム・ジャンビエ(21=フランス)と初対戦する。

 右手首のケガから復帰して初めての4大大会。優勝本命のラファエル・ナダル(スペイン)とは決勝まで当たらないブロックとなった。順当に勝ち上がれば3回戦で第12シードのサム・クエリー(米国)、4回戦で第7シードのドミニク・ティエム(オーストリア)、準々決勝で第2シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)との対戦となる。

 女子で第21シードの大坂なおみ(20=日清食品)は、1回戦で世界92位のソフィア・ケニン(19=米国)と顔を合わせる。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年5月25日のニュース