日大 森HC 冒頭謝罪後に退席も「言った言わないに関しては解釈の部分もある」

[ 2018年5月25日 05:30 ]

会議に出席し冒頭で謝罪した日大・森コーチは報道陣の前で深々と頭を下げる(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 今月6日に発生した日大アメリカンフットボール部の選手による関学大選手への悪質タックル問題に関し、関東学生連盟1部リーグの監督会は24日、都内で緊急会議を行った。

 日大の森琢ヘッドコーチが冒頭で悪質なタックル問題について謝罪を行った。その後に退席し、報道陣の取材に「謝罪をさせていただいた。その後に(日大)フェニックスが変わるためにはどうしたらいいのか、その案について話をした」と説明した。宮川選手と内田前監督ら首脳陣の見解が食い違っていることに関して、「言った言わないに関しては解釈の部分もある。ただ、結果責任は内田前監督以下我々にある」と話した。アメフット部員とは話し合いを重ねているという。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年5月25日のニュース