畑岡奈紗67で1打差5位好発進「明日も攻めるゴルフを」

[ 2018年5月25日 10:09 ]

第1ラウンド、1番でティーショットを放つ畑岡奈紗
Photo By 共同

 米女子ゴルフのボルビック選手権は24日、ミシガン州アンアーバーのトラビスポイントCC(パー72)で第1ラウンドが行われ、畑岡奈紗が5バーディー、ボギーなしの67で回り、首位に1打差の5位につけた。上原彩子も5バーディー、1ボギーの68で12位と好発進。

 今季米ツアー2戦目の横峯さくらは69で18位につけた。野村敏京は78をたたき141位と大きく出遅れた。

 モリヤ・ジュタヌガーン(タイ)ら4人が66で首位に立った。

 ▼畑岡奈紗の話 ショットもパットも良くて、いいラウンドができた。ティーショットだけ、もう少し安定させたい。明日も、どんどん攻めるゴルフがしたい。

 ▼上原彩子の話 調子自体はずっといい感じ。パットが入ればもっと上に行ける。ショットも感覚的にはすごくいい。他にもチャンスがあった中でのこのスコアなので、第2ラウンドも楽しみ。

 ▼横峯さくらの話 出だしでダブルボギーになってしまいそうなところにいってしまい、そこをパーでしのげたのはすごく良かった。リカバリーがしっかりできたのでこのスコアになった。アプローチとパターに助けられた感じ。後半の後半は大分良くなった。(共同)

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年5月25日のニュース