小平がアルバトロス 66で4打差8位発進

[ 2018年5月25日 10:06 ]

第1ラウンド、8位につけた小平智
Photo By ゲッティ=共同

 米男子ゴルフのフォートワース招待は24日、テキサス州フォートワースのコロニアルCC(パー70)で第1ラウンドが行われ、小平智は後半の1番(パー5)でアルバトロスを達成するなど、66の好スコアで首位と4打差の8位につけた。

 1番では残り234ヤードの2打目を3番アイアンで放った。ほかの17ホールは5バーディー、2ボギー、1ダブルボギー。アルバトロスはブルックス・ケプカ(米国)に次いで今季ツアー2度目。日本勢では1993年に倉本昌弘が達成した。

 ケビン・ナが62でトップに立ち、1打差の2位でチャーリー・ホフマン(ともに米国)が追う。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2018年5月25日のニュース