関学大QB父「許せない」警察から注意喚起「息子に危害を加えるという情報が入って」

[ 2018年5月25日 13:49 ]

負傷した関学大QB選手の父、奥野康俊氏
Photo By スポニチ

 学生アメリカンフットボールの試合で、日大の選手から悪質なタックルを受けて負傷した関学大QBの父で大阪市議の奥野康俊氏が24日、自身のフェイスブックを更新。息子であるQB選手に危害を与えるとする犯行予告があったことを明かした。

 「緊急 拡散願います」と呼びかけ「今警察から電話がありました。6月1日までに、息子に危害を加えるという情報が入ったので気をつけるようにと」と投稿。卑劣な行為に「許せない。やめてください」と訴えた。

 奥野氏は前日24日付のフェイスブックで、日大の内田正人前監督(62)と井上奨(つとむ)コーチ(30)の会見を受けて「前監督は一切の関与を否定。これでは宮川君がかわいそう」と、息子にタックルを見舞った選手を思いやり、「ひどすぎます」と非難。また、「残りの人生をかけ真剣に、とことん、この問題に向き合う覚悟です。ご協力お願いいたまた、します」と任期満了をもって市議を引退し、今件の問題究明に乗り出すことを表明していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2018年5月25日のニュース