日大学長、内田前監督の復帰は「戻ることない」指導者人選は「学生の生の声を聞いて」決定へ

[ 2018年5月25日 16:31 ]

会見冒頭、頭を下げる日大の大塚学長(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 日大アメリカンフットボールの選手が無防備な関学大の選手に後方から悪質なタックルをして負傷させた問題で、日大は25日午後、大塚吉兵衛学長が東京都内で緊急記者会見を行い、負傷した関学大の選手、保護者、そして関学大の関係者に謝罪したほか、学校の一連の対応についても謝罪の言葉を口にした。

 内田前監督の復帰については「私がいつまでこの学長を続けるかはわかりませんが、私が学長の間は戻ることはないと思う」と説明。コーチ陣など今後の指導者人選については「学生の意見もあると思いますので、学生の生の声を聞いて決めたい」と学生の意思を尊重する考えを示した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2018年5月25日のニュース