羽生 新シーズンのプログラム SPもフリーも「曲は決まっています」と明かす

[ 2018年5月25日 22:48 ]

<ファンタジーオンアイス2018>おどけた表情で滑る羽生結弦(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 平昌五輪のフィギュアスケート男子で66年ぶりの五輪2連覇を達成した羽生結弦(23=ANA)が25日、千葉市でアイスショー「ファンタジー・オン・アイス」に出演後、新シーズンのプログラムについて「(SPもフリーも)曲は決まっています。まだコメントは控えたい」と語った。

 この日はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)2回と3回転トーループの計3本を跳び、2月25日の平昌五輪エキシビション以来89日ぶりのジャンプを披露。右足首に負担のかかるルッツ、フリップ、ループはまだ練習していないそうだが、「(他のジャンプは)痛みは感じない。3回転まではできるようになりました」と順調な回復をアピールした。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年5月25日のニュース