スマイルJ 無敗Vも気を緩めず 大沢「もっともっと上げていく」

[ 2017年4月23日 10:58 ]

成田空港に到着したアイスホッケー女子日本代表の大沢ちほ主将
Photo By スポニチ

 アイスホッケー女子の世界選手権ディビジョン1A(2部相当)で優勝を飾った日本代表が23日、成田空港に帰国した。無敗で1部昇格を決めるなど大会ではチームの強さが際立ったが、大沢ちほ主将(道路建設ペリグリン)は「内容的には満足できるものではなかった。五輪に向けてもっともっと上げていきたい」と気持ちを引き締めていた。

 昨季、同選手権5戦全敗で降格した雪辱を全勝という形で果たした。大沢主将は「体格が上の相手にも1対1のバトルで戦えた」とチームの成長に手応えを感じていた。

 代表チームは同選手権で今季の全日程を終了し、つかの間の休息に入る。FW久保英恵(西武)は「温泉に行ってゆっくり休みたい」と短いオフを楽しみにしていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年4月23日のニュース