クリッパーズまたも…グリフィン、右足つま先痛めPO出場絶望 

[ 2017年4月23日 13:10 ]

今プレーオフでの出場が絶望的となったクリッパーズのグリフィン
Photo By AP

 NBAプレーオフに出場しているクリッパーズの主力フォワード、ブレイク・グリフィン(28歳)の今プレーオフ出場が絶望となった。21日に行われたジャズとのプレーオフ1回戦(第3戦)の第2Q残り3分18秒、速攻からレイアップに入った際に右足つま先の裏側を痛めたもので、アリーナ内でのレントゲン検査では異状なしとされたが、再検査の結果、手術が必要な状態と診断された。

 グリフィンは今季平均21・6得点を挙げたが故障で21試合に欠場。プレーオフでは常に故障がちで13年の西地区1回戦(対グリズリーズ)では足首を負傷して戦列を離脱。最初の2試合を勝っていたクリッパーズはこのあと4連敗を喫して敗れた。

 ファイナルどころかまだ西地区の決勝にさえ進出したことがないクリッパーズはプレーオフになると故障者が続出。昨年もグリフィンとガードのクリス・ポール(31歳)が故障でプレーできず、1回戦でトレイルブレイザーズに2勝4敗で敗れた。

 今プレーオフの1回戦ではここまでジャズに対して2勝1敗。ホーム・アドバンテージをまだキープしているが、23日の第4戦以降は苦戦を強いられることになりそうだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年4月23日のニュース