石川遼 35位浮上「明日はもっと攻める」 テキサスOP

[ 2017年4月23日 08:28 ]

 米男子ゴルフのテキサス・オープンは22日、テキサス州サンアントニオのTPCサンアントニオ(パー72)で第3ラウンドが行われ、47位で出た石川遼は4バーディー、1ボギー、2ダブルボギーの73とスコアを落としたが通算イーブンパー、216で35位に浮上した。トップとは8打差。

 71で回ったケビン・チャペル(米国)が通算8アンダーで首位。1打差の2位でブランデン・グレース(南アフリカ)、ジョン・ホ(米国)が並んだ。

 ▼石川遼の話(インの)前半はうまくいきすぎ。こんな風でプレーした記憶がない。この状態の中、バーディーを四つ取れたのは良かった点。いい点をどんどん伸ばしていきたい。明日ももっと攻めていければと思う。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年4月23日のニュース