【写真特集】世界国別対抗戦 日本3大会ぶりV

[ 2017年4月23日 11:31 ]

<フィギュアスケート国別対抗戦3日目>浅田真央さんにメッセージを送る(後列左から)クリス・リード、羽生結弦、村元哉中、樋口新葉、須藤澄玲、宇野昌磨、フランシス・ブドローオデと演技を終えた三原舞依(前列右)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦最終日は22日、東京・国立代々木競技場で行われ、女子フリーではSP3位の三原舞依(17=神戸ポートアイランドク)が日本歴代トップの146・17点で2位となった。SP5位の樋口新葉(16=東京・日本橋女学館高)も145・30点の高得点をマークし、3位だった。日本は109点で優勝した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年4月23日のニュース