浅田真央さんに愛知県民栄誉賞 24日に発表へ

[ 2017年4月23日 12:54 ]

 フィギュアスケートの2010年バンクーバー冬季五輪女子銀メダリストで、現役生活を退いた浅田真央さん(26)に、地元の愛知県が新設する県民栄誉賞を授与することが23日、県関係者への取材で分かった。長年の功績と栄誉をたたえる。

 大村秀章知事が24日の定例記者会見で発表する。関係者によると、県から浅田さんに栄誉賞の創設と授与の意向を伝え、了承を得た。表彰の日程などは今後、検討するという。

 浅田さんは名古屋市出身。女子では世界的にも成功者の少ないトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を武器に、世界選手権で日本人最多3度の優勝を果たした。

 県はバンクーバー五輪やソチ五輪での活躍を受け、これまでに数回、浅田さんへ県スポーツ功労賞を贈っている。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年4月23日のニュース