稀勢の里 逆転Vに男泣き 声援、支えに感謝「見えない力が働いた」

[ 2017年3月26日 18:42 ]

大相撲春場所千秋楽 ( 2017年3月26日    エディオンアリーナ大阪 )

<大相撲春場所千秋楽>大きな総理大臣杯を抱えた稀勢の里は肩が痛いのか顔をしかめる
Photo By スポニチ

 表彰式で国歌が響きわたる中、稀勢の里は涙を止めることができなかった。13日目に左肩付近を痛め、14日目の取組は完敗。2場所連続の優勝は厳しいと思われたが、それでも千秋楽では執念で本割、優勝決定戦で連勝し、逆転優勝を引き寄せた。

 インタビューでは、試練を乗り越えての優勝を振り返り「応援と支えてくれた人のおかげです。きょうは泣かないと決めていたのですが…すみません」。そう言ってまた涙をこぼした。

 左手が十分に使えない中「気持ちだけぶつけようと思った」と気合の取組。館内の声援も味方に奇跡を呼んだ。「自分の力以上のものが最後に出た。見えない力が働いた」と振り返った横綱。生真面目な性格そのままに、早くも来場所も見据え「夏場所で元気な姿を見せられるように、治療に専念してまたしっかりやりたい」と、最後は晴れやかな表情で誓った。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年3月26日のニュース