奈紗、68で16位浮上「調子を考えれば70点」

[ 2017年3月26日 11:12 ]

第3ラウンド、5番でイーグルを決めガッツポーズする畑岡奈紗。通算6アンダーで16位に浮上
Photo By 共同

 米女子ゴルフの起亜クラシックは25日、カリフォルニア州カールズバッドのアビアラGC(パー72)で第3ラウンドが行われ、68と伸ばした畑岡奈紗は通算6アンダー、210で29位から16位に浮上した。宮里美香は69で回り3アンダーで34位。73の野村敏京は2アンダーで44位、76の宮里藍は1オーバーで62位に後退した。

 67と伸ばした李ミリムが通算13アンダーで首位に立ち、M・J・ハー(ともに韓国)が1打差の2位につけた。

 ▼畑岡奈紗の話 5番のイーグルがうれしかった。前半の勢いならもう少し伸ばせても良かったなという感じ。11番のダブルボギーで流れを止めてしまった。今の自分の調子を考えれば70点くらい。最終日は目標を高く持ってプレーしたい。

 ▼宮里美香の話 ショットが良くて後半に3連続バーディー。それだけに最後のダブルボギーが本当に悔しい。60台を出せたのは良かった。最終日は18番でしっかりリベンジしたい。

 ▼野村敏京の話 10番でティーショットを池に入れてから崩れてしまった。あり得ないスイングが出てしまった。修正するところがたくさんある。最終日は同じミスをしないようにする。

 ▼宮里藍の話 集中力が上がらず最後までそれが響いた。ショットはなんとかなったが、パットには自分の感覚が出せなかった。こういうことはたまにある。なんとか二つバーディーが取れたのは良かった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年3月26日のニュース