稀勢2敗 前日左肩負傷も強行出場を直訴「最後までやりたい」

[ 2017年3月26日 05:30 ]

大相撲春場所14日目 ( 2017年3月25日    エディオンアリーナ大阪 )

<大相撲14日目>稀勢の里は鶴竜に敗れ引き揚げる
Photo By スポニチ

 新横綱の稀勢の里は負傷を押して千秋楽まで取り続ける。13日目の横綱・日馬富士戦で左肩から左胸にかけての部分を負傷しながら強行出場。横綱・鶴竜戦はもろ差しを許してあっけなく敗れ、2敗に後退した。大関・照ノ富士は関脇・琴奨菊を注文相撲で撃破。1敗を守って単独トップに立ち、11場所ぶり2度目の優勝に王手をかけた。1差で追う展開となった手負いの稀勢の里は26日の千秋楽で照ノ富士と対戦。本割、優勝決定戦で連勝すれば、2場所連続2度目の優勝となる。

 前日の日馬富士戦で左肩付近を負傷してから無言を貫いていた新横綱は2敗目を喫した取組後、報道陣の問い掛けに口を開いた。土俵に上がった心境には「集中してやるだけ」と答えた。負傷からわずか1日。回復は難しい状況だったが「やるからには最後までやりたい」と千秋楽の出場も明言した。決意の言葉とは裏腹に、相撲が取れる状況とは言い難かった。

 横綱土俵入りから、いつもと違った。左肩から左肘にかけてテーピングで固定し、かしわ手は強く叩けない。時間もここ数日と比べ5秒以上早い1分33秒だった。鶴竜戦は右から張って出たが、もろ差しを許した。日馬富士戦では同じ状況で抵抗したが、この日はなすすべなく土俵を割った。鶴竜は「当たった瞬間に力が抜けていた」と明かした。負傷箇所や負傷の度合いは公表されていないものの、稀勢の里らしくない内容が負傷の深刻さを示していた。

 この日朝に師匠の田子ノ浦親方(元幕内・隆の鶴)と話し合い、強行出場を直訴した。右足親指のじん帯を損傷した14年初場所は、田子ノ浦親方が独断で千秋楽に休場届を出したが、今回は稀勢の里の意見が尊重された。同親方は「いろんな話をしたが、本人に強い意志がある」と説明。取組後は「声援もあるし皆さんの思いもある。何より一生懸命頑張ってきたから」と千秋楽の出場も本人に任せることにした。

 変化してブーイングを浴びた照ノ富士とは違い、場内からは「頑張れ」との声援も飛んだ。日馬富士が敗れたため、夏場所は東の正位に就くことが決まった。1差で追う展開となっても、自力優勝の目は残っている。本割で照ノ富士を破って2敗に並び、優勝決定戦も制すれば15日制では4人目となる新横綱優勝で、2場所連続の賜杯となる。過去の対戦成績は11勝3敗、15年秋場所からは8連勝中だが、負傷を抱える状況では合口の良さなど関係ない。千秋楽に臨む気持ちを聞かれると「明日、しっかりやるだけ」と答えた。

 01年夏場所では、右膝半月板損傷を押して千秋楽の土俵に上がった横綱・貴乃花が本割で敗れた横綱・武蔵丸との決定戦を制して優勝したが、命懸けの取組の代償として7場所連続休場を強いられた。そして、それが最後の優勝となった。痛めている場所は違うとはいえ、新横綱にとっても千秋楽の土俵は危険な賭けとなりかねない。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年3月26日のニュース