トム・アンベリー氏死去 フリースロー2750回連続成功のギネス記録を達成

[ 2017年3月26日 17:03 ]

2750回連続でフリースローを成功させたトム・アンベリー氏(AP)
Photo By AP

 1993年にフリースロー連続成功のギネス記録(2750回)を達成したカリフォルニア州ロングビーチ在住の医師、トム・アンベリー氏が18日に死去していたことが明らかになった。94歳だった。

 同氏はブルズとレイカーズの元監督だったフィル・ジャクソン氏(現ニックス球団社長)と同じノースダコタ大でプレーし、その後ロングビーチ・カレッジに転校。ジュニアカレッジの年間最優秀選手にも選ばれたことがある。その後、当時ミネアポリスに本拠を置いていたレイカーズから誘われたが、足専門の治療師(ポディアトリスト)になるための専門学校に入学するためにプロ入りを拒否。しかし1991年から再び「趣味」としてバスケットボールを始め、日曜日を除く毎日、1日500本のフリースローを練習していた。500回連続成功は通算で473回も達成。「1本のフリースローはきっちり6秒で完了する。それ以外何も考えてはいけない」というのが極意だった。

 93年のギネス記録挑戦では2751回目を失敗したわけではなく、12時間以上も経過したために会場となった体育館が消灯時間を迎え、立会人が競技続行の中止を求めたため。本人は「もっとシュートを打てたのに、体育館を閉められて出ていかざるをえなかった」と不満をこぼしていた。

 なおNBA記録はその93年3月24日から翌シーズンとなる11月9日までマイケル・ウィリアムス(当時ティンバーウルブス)がマークした97回連続。4ケタはおろか3ケタにさえ到達していない。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年3月26日のニュース